muragonヘルプ

ヘルプで回答が見つからない場合は各記事下部にある「お問い合わせ」をご利用ください。

自動保存機能とは

自動保存機能とは、5分間に一度作業中の記事の内容が定期的に保存されます。


自動保存されるとエディタのサイドバーにこのように表示されます。



新しく作成する記事が自動保存された場合、ダッシュボードの記事管理ページに「自動保存」として下書き保存されますので、何かあった場合でもすぐに呼び出すことができます。


ですが一度でも公開や下書き保存などの操作を行った記事は、下書き保存はそのままで履歴にだけに自動保存します、記事を確定したい場合は、公開や下書き保存などの操作を忘れずに行ってください。


パソコン版画面イメージ


モバイル版画面イメージ


公開済み、下書き保存済み、予約投稿済みの記事の再編集については、記事の内容を編集をすると自動保存されますが、一度ご自身で公開や保存をしておりますので、自動保存は履歴に保存されます。


履歴の保存期間は10日間だけですので、編集した記事の内容を確定したい場合は、公開、下書き保存、予約投稿の操作を忘れずにお願いします。
記事管理で保存されている記事の内容よりも新しい自動保存の履歴があった場合、再度編集する際に最新版として呼び出すことができます。


パソコン版画面イメージ


モバイル版画面イメージ


パソコン版エディタには自動保存タブが追加され、自動保存された記事の履歴を呼び出せるようになります。


※ モバイル版エディタには履歴管理はございません。



※ 直近5件の履歴が10日間保存されます。


※ 呼び出した履歴はキャンセルにより戻せます。



関連記事